ソナタジェネリックの特徴|うつ病による不眠にはソナタジェネリックが効果的

ソナタジェネリックの特徴

手のひらの薬

医療用の睡眠薬として開発された薬であるソナタ。そのジェネリック医薬品がソナタジェネリックです。
ベンゾジアゼピン受容体作動薬という、非ベンゾジアゼピン系の薬に分類され、ソナタに使われているものと同じザレプロンという成分を含んでいます。
そのため、ソナタと同じように鎮静効果と睡眠作用によって、寝付きをよくしてくれる効果を得ることができます。
ソナタジェネリックに含まれているザレプロンには興奮や緊張、不安などを和らげて心身ともにリラックスした状態へと導いてくれる働きがあり、これによって快適な睡眠を得ることができるようになります。
不安や緊張を和らげてくれる効果もあるため、ソナタジェネリックは抗不安薬として使われることもあるようです。

睡眠薬としての種類は超短時間型の睡眠薬に分類されていて、服用してからすぐに効果を期待することができる即効性があるという特徴があります。
さらに起床時に薬が残ったりすることもないので、すっきりとした目覚めを迎えることができるのもソナタジェネリックの特徴の一つです。
次の日の朝に不快感もなく安全性も高いうえ、不安を和らげてもくれるので、うつ病による不眠に悩んでいる人にはぴったりの睡眠薬といえるわけなんです。

また、ソナタジェネリックは筋弛緩作用を減らし、副作用も減らして安全に使用できるように作られているという特徴もあります。
なので筋弛緩作用による転倒事故などが起きる確率も減っており、高齢の人でも使用できる薬といえるかもしれません。